6月のお休みのお知らせ


2024年6月は以下の日にお店をお休みさせていただく予定です。


●6月5日(水曜)及び6日(木曜)

●6月12日(水曜)

●6月19日(水曜)及び20日(木曜)

●6月26日(水曜)


落ち着いた雰囲気の中で、正統的な和食をベースとしたお料理と、厳選されたお酒を楽しめる店を目指して...


「酒菜 桃の木」は、2011年6月20日に東京の深川にオープンした小さな料理屋です。


最寄り駅は、東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線の「門前仲町」です。駅からは、

2番出口を出て徒歩で3、4分でしょうか。運河(大横川)に架かる橋(巴橋)をわたるとすぐ左角にある、カウンター9席(つめて10席)の小さな店です。


お料理は、豊洲市場で仕入れた新鮮な旬の魚介類のお造りをはじめとして、

全て店主/料理人がお客様の目の前でご用意いたします。


日本酒(地酒)と焼酎は、定番的な銘酒から限定ものまで、美酒・良酒をお手頃な価格でお楽しみいただけるよう品揃えに努めました。


「酒菜 桃の木」をどうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。


「酒菜 桃の木」

〒135-0046

東京都江東区牡丹3-12-2ぼたん杉野ビル1階

電話:03-3642-7102

営業時間:5:00 p.m. - 11:00 p.m. 

定休日: 水曜日(月に2回水曜日・木曜日連休いたします)

     その他、不定期のお休みを取らせていただくこともあります。

     当サイト、または店頭・店内の告知貼紙をご覧ください。


*夫婦二人で営業している小さな店ですので、

ご来店前にお電話いただけると幸いです。


*「酒菜 桃の木」はインボイス制度に対応する領収書を発行する

適格事業者です。


今月のお料理

6月に入り、桃の木のお料理もすっかり夏仕様です。

お刺身の白身にいよいよハモの湯引きが登場です。ハモは柳川風でも美味しい。

色あざやかな夏野菜は、おダシが自慢の冷製炊合せで味わいましょう。

人気のまんじゅうシリーズは、そら豆まんじゅうになりました。

姿も味もウツクシイ鮎は、もちろん蓼酢を添えた塩焼きで。


そして、今年も、青森下北半島直送、「海峡サーモン」が登場です。

津軽海峡の外海で養殖されたトラウトサーモンを(冷凍ではなく)生で味わえるのは、

5月中旬から7月上旬までのこの時期だけです。

美しいオレンジ色の身はプリプリで脂がのり、臭みは全くありません。

上品な脂は、口の中ですぅーっととけます。

数は少ないのですが、味噌漬けした頭(カブト)やハラスの焼きも絶品です。


今月のお酒

フレッシュな飲み口の生酒に、安心安定のウマサの定番酒、

時には珍しい限定酒も。夏酒も続々と登場します。

「桃の木」の日本酒にはハズレがありません。


地図